重田英隆 エデン(EDEN) 秘密結社の巨大すぎる利権とは!?評価・口コミ

重田英隆 エデン(EDEN)が 有料案件になりました。
価格は15万円なり。
http://arz-ppan.com/eden/sl/

(2019/10/1追記にジャンプ) 

こんにちは!

加勢です。

さて今日は

9兆7503億ドルの巨大市場から

毎月 最大200万↑の 利権を貪る

という 巷の無料オファーとは桁が違いますね

では さっそく見てみましょう!

秘密結社 EDEN(エデン) 重田英隆

http://arz-ppan.com/eden/lp/

第1回: http://arz-ppan.com/eden/fn1/

LINE@

第2回: http://arz-ppan.com/eden/fn2/

第3回: http://arz-ppan.com/eden/fn3/


http://arz-ppan.com/eden/sl/

EDEN

EDEN

特定商取引法に基づく表記

商品名 EDEN
販売責任者 合同会社Golden Dam
運営責任者所在地 東京都豊島区池袋三丁目34番7号
電話番号 07064718323
(お問い合わせはメールにてお願いします)
お問い合わせ eden2019.info@gmail.com
URL http://arz-ppan.com/eden/sl
価格 150,000円(税抜き)
支払い方法 銀行振り込み、クレジットカード
商品引渡し時期 ・代金支払い5日以内に案内をお渡し。
返金,に関する記述 お客様都合でのお申し込み後の返金、キャンセルはいかなる理由であってもお受けできません。
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございません。 効果には個人差があることをご了承のうえお買い上げください。 商品の性質上、当商品をご利用されていかなるトラブル・損害が発生しても、 当方では一切の責任を負えませんので、ご了承下さい。

http://arz-ppan.com/eden/sl/tokusyo/

※記載の確認ができませんでしたが有料になった時点で公開されました。

あなたを救う3つのポイント

あなたを救う3つのポイントとして

1 なにもしない

2 ありえない収益性

3 約10兆ドル利権の保有

EDENに所属する富裕層たちは

無駄な 行動を嫌う為

所属するだけで

自動的的に 稼げる仕組みを構築したそうです。

日本の国家予算の 10倍の金額をも動かす術があり

毎月200万以上の 利益をもたらすという このオファー

ビジネスモデルは 投資だと思います。

元々 資産5億円超の 限られた富裕層しか

参加することができなかったのですが

強欲な富裕層のせいで 日本がダメになってしまうという

危機感から 一般開放を 決意したとのことです。

しかし 富裕層を対象に作られた仕組みなので

最低1000万円クラスの資本金が必要だが

最新のAI技術のお陰で 元手0円で参加が 可能になったそうです。

その名前がシステム・アーリーアダプター(S・A)

と なんとも都合の良い 展開になっています。。

今回はいつものような 動画は一切なく

1回8分×3回と 記載されています。重田英隆

つまり 3ページの セールスレターを 見るだけのようです。

LINE登録すると 1日毎に セールスレターの アドレスが送られてきて

それに目を通すと 所属資格が 得られます

重田英隆

この段階ではまだ所属していないようです。

正式所属は 明日の20時に招待状がとどくので

そのページにアクセスし所属手続きを行うと

ようやく EDENへ正式所属となるようです。

と、駆け足で見てみましたが

どうみても 誇大表現で 怪しすぎる内容ですが

本当に無料で 所属するだけで200万円がもらえるのであれば

ぜひ 所属したいですね(笑)

間違いなく 料金が発生すると思いますが・・

重田英隆 さんについて

 

重田英隆

このオファーの提供者で

秘密結社 EDENの会長の 重田英隆 さんは

いったい 何者なのでしょうか?

EDENを1991年に創立したとのことですが

秘密結社なので やはり秘密に活動していたのでしょうか?

だとすると検索しても 何も出てこない可能性が たかいですね・・

架空の人物だと思われます。

口コミ・ネタバレなど

(2019/10/1追記)

有料になりした。

販売価格が150,000円です。

EDEN

たったこれだけの情報で 参加する人はいないともいますが

200万円もらえる根拠も保証もないのでお勧めできません!

販売責任者の合同会社Golden Dam

令和元年5月13日に登記されたばかりの会社ですが

当ブログで紹介したメイトクラブという高額オファーを

配信していた会社です。

佐藤愛子 MATE CLUB(メイトクラブ) は稼げるの?

メイトクラブもこのオファーと同様に稼げる根拠がなく

高額塾になった案件です・・

絶対にお勧めできません。

追記ここまで####################

セールスレターに

ゴールドマンサックスの トレーダーの 99%以上が

AIの導入によって 解雇された と書かれています。

EDEN

これ自体は 事実なのですが

ゴールドマンサックスで 解雇されたとされる

人たちは 顧客の指示通りの売買をするだけの

作業を行うだけの 人員です。

そういう 人たちのことも 広い意味で「トレーダー」と呼びます

顧客の指示通りの トレードであれば

AIでも十分対応可能なので 2人を残してすべて

解雇したというのが 真実です。

一方 EDENの

システム・アーリーアダプター(S・A)

が 行うトレードは自分で 相場を読み

積極的に売買して 利益を上げるタイプの トレードです。

こちらの方が一般的な「トレード」 という意味になるかと思いますが

現段階のAIではこのような トレードはできません。

重田英隆さんが 意味をはき違えているのか?

それらしい 事象を引き合いにだして

このオファーの 信憑性を上げようとしているのか?

どちらにしても あまり感心しませんね(笑)

今回の案件の 口コミなどを発見したら

随時更新します。

まとめ

9兆7503億ドルの 巨大市場

毎月 最大200万

最初から最後まで

誇大表記のオファーですが

実体は 動画などがなく お金がかかっていない(かけられない?)

ようです。

無料なので 特商法の記載がないのかもしれませんが

金銭が絡む以上 最低限の表記は欲しいところです。

最終回を見てからじゃないと 何とも言えませんが

参加する 価値がある案件には見えませんので

オススメしません。

何か新しいことがわかったら 更新します。

重田英隆

オススメしません

最後までありがとうございました。

いかがでしたか?

当ブログは「1つ不備を見つけたら とにかくダメです!」といった

スタイルでのレビューは極力しないようにしています。
あまりにも、ひどいお約束のようなわかりやすいオファーがあると即ぶった切りますが・・

基本的に、「もしかしたら稼げるかもしれない」といったスタンスで検証しています。

 

それは「稼げるかもしれない。。」と思っている人が記事を見たとき

「特商法の記載がないからダメです」とか

「アフェリエイトセンターがダメだから このオファーもダメ」といった理由だけで

「このオファーへの参加はやめておきましょう」と言われても

最終的に「モヤモヤ」が残りませんか?なので、できるだけ そういう方たちが

ちゃんと納得のいく理由を提示するように心がけて記事を書いています。

なので、無駄に記事が長くなってしまう事があるのでご了承ください。

 

また、ご意見や相談・検証してほしいオファーなどなどありましたら

遠慮なくお問い合わせコメントからご連絡くださいね。

 

当ブログは まだ始めたばかりなので

ベテランのブロガーさんが同じ商材の記事を書くと

すぐに検索順位が下がり たちまち埋もれてしまいます。

もし気に入ってもらえたらブックマークをお願いします。

あまりにも しょーもない商材じゃない限り 納得のいく結論を出すように

心がけているので、今後ともよろしくお願いします。 

 

ネットビジネスを成功させるにあたって

誰にでも簡単にできてしかもノーリスクできるような

都合の良い内容のネットビジネスは存在しません。

そのようなビジネスに多額の報酬が発生すること自体が不自然だと思ってください。

そういう癖をつけることにより騙される可能性が劇的に下がります。

 

しかし、中には稼げる案件も少なからず存在するのも事実です。

ただ、偽物の個人情報を抜くだけのような案件が世の中に溢れかえっていて

本当に稼げるものが埋もれてしまっているのが現状です。

 

まだそういう優良案件が見つかっていない方は

信頼できるブログなどを見つけて本物を見極める力を身に着けてください。

私を含めほとんどのブロガーさんは相談に乗ってくれると思います。

当ブログも微力ながらみなさんのお力になれればと思っています。

 

検証してほしい案件のリクエストや

今、気になっているオファーの相談などがありましたら遠慮なくコメントしてください。
メールアドレスは、表示されませんのでたくさんのコメントおまちしてます!

 

加勢

 

 

当ブログのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。
免責事項

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。